10年ぶりの歯医者通い。3ヶ月9回におよぶ通院がやっと終わった。

神経痛の原因が奥歯にあるような気がして歯医者をさがした。大阪の歯医者は初めてだったので、近所のものを調べたらやけにレベルの高いサイトがあってとりあえずそこを選んだ。真新しい病院、最先端の設備、レントゲン室、大きなディスプレイ、ガラス張りの診察室、若い女の先生と歯科衛生士。フロントもほぼ女性スタッフであり、全員が自分より若い。京都の地元にいたときに通っていた歯医者は、小学生の頃から集団診察をしてもらったベテランの町医者の先生(男)だったので、その違いに不安を感じたり、歯科医院のレビューにいくらか不安を覚えたが通わないとはじまらない。最初のヒアリングをうけてレントゲン。初診で発覚した虫歯と親知らずの対策。これからのプランの提案を受けて一度通い出すともう否応なしに通い続けないといけない雰囲気になってしまった。まずは全4回におよぶ麻酔をした歯石取り。虫歯治療。この間、徐々に初期の不安はうすれ、そのうちに冗談を交えて話すような関係にまでなり、芽生えはじめた信頼感。ついに親知らずの抜歯を決意するまでになった。下の歯の抜歯はやはり難抜歯となり、うーんなかなか抜けないですね。グッ、グッ、うーん。だめだ。割って抜きましょう。と探り探りの様子が恐ろしかったが、強い麻酔をかけられたわたしは止めてくれ!というわけにもいかず、信じて耐えるしかなかった。その間、これからの人生、大きな病気をしたときにはきっと自分より若い先生に命を預けるのだろう。という思いにも浸った。抜歯は無事終わり、術後の手当がある程度終わった頃、続いて上の親知らずも抜いた。こちらはあっというまで手術もなし。これで10年ぶりの歯医者通いは3ヶ月9回で終わった。親知らずの抜歯や歯茎からの出血という長年の懸念事項からすっかり開放されたのは気持ちがいい。この間、友人知人に定期的な歯医者通いをしているか?と聞いてまわったところ、かなりの確率で通っているという返事があり驚いた。もちろん絶対にいきたくない。という人もいたが少数。私はもうすっかり歯医者の信者になったので、歯磨きのあとはフロスもするしこれからの定期検診にも通う。高額なインプラント治療は避けたいという老後を視界にいれたケアが始まった。