金曜日は朝から雨。徒歩で会社に向かう。カレンダー上は明日から3連休。

木曜日の振替休日。やけに暖かい。妻は映画へ。わたしは台所掃除。ネジを回してダクトの金属ファンを取り外し重曹を入れた鍋で煮る。かなりよごれていたのがきれいになった。こびりついた汚れは爪楊枝でほじくり出す。これもかなりひどい。前回の退去時、ここまでは掃除していないのではないか。という疑い。今後の引っ越しの際にはチェック。
作業時、ファンの刃先が鋭いので指先に切り傷がついてしまった。次にするときは、軍手必須。
昼食は昨日に引き続き餃子。ポストに出かける以外は家で過ごした。
20:30から1時間eisakuのストレッチレッスン。そのあとしばらく雑談。

買ったばかりの新刊本を読み終えたあとメルカリに出したら数秒で売れた。

昨日会ったばかりの京都の友人と今日もまた大阪で会う。家で少し話をしてレコードプレイヤーを売却。お買い上げありがとうございました。自力でもって買えるのは重いだろうけど、タフガイだろうから楽勝だろう。
ディスクユニオンからDRACULA I LOVE YOU/TUCAが届く。これは今年いちばんうれしかったリイシュー。

京都へ。平日とはいえ繁華街の人通りが思っていた以上に少ない。100000tと誠光社、それから國田屋で一杯。本とレコードにも寄ったあと、少し歩いて移転後初のベルガグへ。呑みながら長く話し込みマジカルパウダー(仮)を買って、24時ごろ帰宅。

買い物もたくさん。『殺人蝶を追う女』のTシャツ、ブックオフ大学ぶらぶら学部(夏葉社)、荒野のグラフィズム:粟津潔(装幀:祖父江慎)などなど

iPadで漫画ばかりよんでしまう。私にはアップルペンシルなどいらない。今読んでいるのはフードファイター
喰いしん坊!。大阪のフードファイター組織の悪役ぶりが面白い。外道と外連味を担う個性は大阪人がぴったり。というコテコテの設定。

13日の金曜日。UNIQLOのJ+コレクションの発表日。カタログはもらっていたので、気になっていたが、店頭では行列ができて入手困難だった模様。転売屋はさっそく出品をはじめていたが、サイトではまだ普通に買えるよう。J+、いちど実物をみてみたいが、自分が着るといまいち似合わないような気もしている。


木曜日の振替休日。朝から京阪に乗って平等院鳳凰堂へ向かう。通勤時間帯をすぎた11時ごろの車内は老人客などで満席で会社員らにはない騒がしさがあり、大阪でのcovid-19感染者数が過去最高を更新しているような雰囲気はない。中書島で宇治線に乗り換え。宇治まで乗っている間にふと「たま木亭」のことを思い出し、黄檗(おうばく)で途中下車。駅から歩いて10分くらいにある「たま木亭」は平日でも混んでいて行列ができている。中を覗くとスタッフの数も多いが、みな相当忙しそうにしていて集中力と緊張感が漂っていた。客もうろうろ品定めに迷うというよりも一方通行に進みながらトレイにパンを載せていく。せっかくここまできたのだからと皆、大量に買い込むが品切れのようすはまだまだない。帰り道にさっそくクロワッサンとカレーパンを食べたが、とてもおいしい。期待値が高かったがそれに十分応えてくれる。すごいぞたま木亭。お店の向かいには京大宇治キャンパスができていた。ここの学生は幸福だ。

そして初めての平等院鳳凰堂。午後からでもそこまで人は多くなく、本堂の前で写真をとるのも余裕。遠目からみると、これが教科書で何度もみた写真と一致しなかったが、池の間際まで行ってカメラのレンズを広角にしてみるとおなじみの景色がひろがった。なるほどレンズマジック。常設展でみたを雲に乗った菩薩などが楽器をもって飛び交う姿もおもしろい。大太鼓は専用の雲にのっていた。

観光客向けの町並みになっている平等院鳳凰堂の周りにはコンビニはないが、古い酒屋があったので地酒の城陽を買う。3代目というだけあって、店内には歴史が感じられる物品が目につく。酒を飲み歩きながら、福寿園でお土産を買い、それから喫茶waitsに立ち寄る。外から見るとジャズ喫茶かと思ったが、そうではない。トム・ウェイツ好きの店主がいる店なのだ。内装はバーの雰囲気であるが、実際はコーヒー中心でアルコールはなし。夜になる前に閉めるとのこと。会計後、店主と立ち話。トム・ウェイツ来日公演の話など。京都では西部講堂で行われたという。ランディーニューマンや木村充揮も好きとのこと。しかし私がそれよりも好きなのは落語。というオチつき。宇治、まだまだなにかありそうだ。

ジムに通わなくなって半年と2ヶ月。ふと気になって体重計に乗ってみたら体重は2キロ減って体脂肪が増えていた(21% やば)。とてもわかりやすい変化。筋肉が脂肪に変わってしまったということ。ああ。今晩は半額で買った高級焼き肉。