朝から空の色が濁っている。韓国も日本も広域で同様の様子。19:30退勤。昼はカレーチャーハン、夕食は焼きうどん。

朝から雨。20:30退勤したあと、ジムによってコンビニで酒を買い、ホテルの前のテラスで飲む。コンビニの店内ではLenny Kravitz – It Ain’t Over Til It’s Overのインストバージョンが流れていた。夜はちょうどよく涼しい。

今日も餃子を食べて、3日連続餃子。鍋、焼き、鍋。メルカリで買ったレコードが届き、メルカリでレコードが1枚売れた。

いちど読んでみないと思っていた又吉直樹「劇場」一気読み。

土曜日、昼から外出。再びパンを求めてP&Bへ。ぎりぎり買えた14:10分。日に日に売り切れ時間が早まっている気がする。それからルービックレコードで買い物。「中川イサト 黄昏気分」など。買い物のあとはジムで水泳。ケーキと餃子を買って帰宅。

金曜日、19:30退勤。これで今月の残業時間はちょうど上限の40時間となり、完璧なコントロールを果たした。帰りは自転車に乗って谷町九丁目の友人宅を経て、難波〜心斎橋の繁華街を通り抜け、シネ・ヌーヴォで「ガキ帝国」を観る。井筒監督作品、島田紳助主演。

一九六七年、三年後に万国博を控えた大阪を舞台に、抗争を続ける不良グループに戦いを挑む三人の少年達を描く。脚本は西岡琢也、監督は井筒和生の名で「行く行くマイトガイ 性春の悶々」などピンク映画を演出してきた井筒和幸、撮影は牧逸郎がそれぞれ担当。1981年製作/115分/日本配給:ATG

若い在日韓国人の韓国語が60年代末の大阪の街に溶け込んでいた。そしてチンピラのケンカはやはり南港で。