電車に乗ってシネ・ヌーヴォへ。松竹メロドラマの系譜から「離愁」と「死者との結婚」の2本を鑑賞。どちらも名作。日曜日のシネ・ヌーヴォは人が多くておそれいった。座席は間隔があけられないほどで、ほぼ満席。
ホームセンターに電動ドライバーを返却し、子供連れと学生があつまるショッピングモールのフードコートでラーメンを食べる。この感じ久しぶり。帰りは徒歩で。コンビニでコーヒーを買い、ジャケットの内ポケットにいれていた人肌のポケットウィスキーを注ぐ。