朝からP&Bへ。事情を話しビールをプレゼントすると大喜びでこちらも嬉しい。ぷらら市場で定番食材を買い込む。卵はもう蘭王が手放せない。
昼からは産婦人科へ付き添い。各種検査のための血液検査は合計6本と多め。いろんな専門医との面談もすませる。面談では「夫は妊婦の支えにならないといけない」という話を聞かされる。内容は「はいもちろんそのとおりです」というもの。ただ、こういった一般的な”あるべき論”を聞かされるのは久しぶりなので真に受けると戸惑うところがある。個人的な関係性がない時点で一方的に十把一絡げに語られるのは不満と心理的負担が残るということがよくわかった。今後の子育てにおいても度々遭遇することが予想されるので、お互いケアしたいところ。

病院を出てからはバラ1束(700円)を買い、歩いて鶴橋へ。韓国料理屋では妻の好物のアグチム(3000円)を注文。はじめて入る店だったが、つきだしのキムチからメインの料理まですべておいしかった。食材は野菜も韓国から取り寄せているとのこと。なるほどあのもやしは日本では手に入らない。料理にはとても満足だった。ただ、不特定多数が集まる飲食店での宿命というか、となりのテーブルに座った3人グループが反ワクチン派がったので、その主張が聞こえてきては落ち着いていられない。「ビジネスメールで2回ワクチン打ったアピールとか、非常識だと思う」とかなんとか。そのわりに人気YouTubeがコロナで死んだことを恐れていたり。そういう事実はどう受け止めるのだろう。こっそり窓を開けた。

帰りは歩いて帰宅。たまたま通りがかった難波宮跡公園には驚いた。高そうな土地にこんな広大な空き地があったとは。明るい時間にまた行きたい。