19:10退勤。あまりやることがなくなってしまったどうしよう。夕食はスーパーで買った餃子。いままで上手に焼くことができてなかったが、今回は上手にできた。油の量を多めにすることがポイントか。
オーディオの音が明らかにおかしくて気持ち悪かったその原因はRCAケーブル。買ったばかりのものが不良だった。接続するオーディオ機器が増えると原因を特定するのもむずかしくなるな。

昼休みにCacaotier Gokanでチョコレートをたくさん試食したあと、チョコレートケーキとマカロンを買う。花粉症はもう終わったかなという感じ。マスクもせずにすごしたが目のかゆみはなし。19:30退勤。まん福ベーカリーはまだ変わらず人材不足のようでパンの種類が少ない。コロッケパンと焼きそばパンはたくさんあったので買って帰る。今晩はthe piper at the gates of dawn / pink floydを聴いて寝る。

ひさしぶりに一人で外食しているとまわりの雑談がよく聞こえてくる。「あの人は残業が多すぎて。38時間だよ。」とかなんとか。特に問題にならない範囲かと思うが、私もここ最近はそんなところ。納期に追われているというのではないけれどクレジットカードの支払には追われていて金がもっといる。夕食はネットで見つけた鯖缶のアヒージョ。簡単でとてもおいしい。パンも酒もすすむすすむすすみすぎる! 赤ワインで酔っ払ったついでに食後はさらに赤ワインをじゃぶじゃぶ使ってボロネーゼも作ってしまう。23時からラジオでlampの新作をきいた。

近所の業務スーパーで売られていた豆腐が特売とは言え20円!はいくらなんでも安すぎて怖いなと思いながら見ていたら近所の飲食店と思わしき人たちがごっそり買っていて外食では知らず知らずのうちに食べているのだろうなと納得する。ためしにこの安いブロックベーコンはどんな味がするのだろうかと買ってみたがやはりケミカルな刺激と弾力のない魚肉ソーセージのような食感でそれなりの品であった。ふつうのスーパーで売っている品質はある程度の基準があり誰かがそのレベルを維持しているのだ。この違和感を感じられる味覚は持っていたい。ベーコンは捨てた。19時退勤。

日曜日。雨上がりの鮮やかな街路樹の新緑をみながら自転車で近所のスーパーまで出かける。もう暖かいので足元はサンダルで充分。willie hutch / soul portrait,season for love(CD)が届く。EN/PIREで観葉植物について相談と雑談。家にある植物があまり元気でないのは水のやりかたではないか? と意見をもらい、水やりサインが目視できるサスティーを買う。部屋の中もだいぶ片づいてきたので次は植物が気になりはじめるが、やはりいいものはそこそこの値段。買えなくはないが、とにかく今月はもう無理。

土曜日。「100年のジャズを聴く」を読了。三者の発言量がほぼ同等になるP190 「ブラッド・メルドーとジョシュア・レッドマン」あたりから急激に面白くなった。後藤さんはキャラ萌え。気を抜くとすぐにチャーリー・パーカーの話になってしまうのだから。午後からは雨。自宅でミシェル・ペトルチアーニ「情熱のピアニズム」を観る。あのタッチの強い奏法やらキーの高い鍵盤を叩くときの体の動きが映像でみれてよかった。ちらっとうつったジム・ホールとウェイン・ショーターとのトリオ演奏が特にすばらしい。冷凍餃子は説明書どおり、水(お湯)をつかわなくてもフライパンにこびりつくことなくきれいに焼けて感心してしまう。

ヤフオクで買ったlemon incestがフォーエヴァーレコードから届く。レコードは宛名も差出人もすべて手書きだったのがほほえましい。この7inchの裏面にはlove on the beatの広告が載っている。そのアルバムは売ってしまったけれど、この曲が入っていたことさえ忘れていた。2018年 シャルロット・ゲンズブールはアンコールでこの曲を歌った。