同僚はとなりでエアブラシを使ってプラモデルの塗装。楽しそうでよかった。20:30退勤。ジムトレーニングの準備はしてきたが、靴を忘れて風呂だけ入って帰宅。

20:20分退勤。ジムのプールで泳いで、帰宅してから中華風スジェビを作る。飲み物は焼酎の水割り。

David Forman (1976)が聴きたくなってレコード棚から探す。20代の頃によく聴いていたピアノの弾き語りのSSWアルバム。どうしてこんなタイプの音楽に強く惹かれていたのだろう。ごくシンプルなアレンジでゴスペルの響きも感じる内生的な音楽。簡単に「渋い」といってしまいそうになるが、別に音楽が歳を選ぶものではない。40代になると20代の若者に対して勝手な偏見を持ってしまい、自分のことすら忘れてしまう。神戸のガポンレコードで購入した。


水戸ボージャングルスで金森幸介のライブがあったことを知った。名前を知ってはいたけれど、どんな音楽をやっているの知らなかった人。きいてみたらすごく良かった。こんど大阪で折坂悠太らと一緒にライブもあるという。2019年11月2日(土)大阪府 GANZ toi,toi,toi
<出演者>
のろしレコード
折坂悠太
松井文
夜久 一
ハラナツコ
宮坂洋生
あだち麗三郎
金森幸介

昼過に実家から出発。母は沢田研二のライブへ。私ははちはちで買い物をしたあと、バスに乗って善行堂で「美しい街/尾形亀之助」、「永井宏散文集 / サンライト」(ともに夏葉社)の本を買ったあと、小中学校が同じの同級生がやっているPELGAGへ。まともに話すのは何年ぶりかもわからないが、落ち着いた調子で昔話や近況など共有し、東京の友人から預かったメッセージイラストカードを手渡す。ヘモーン、小学校のころから変わらないなあ。とはたしかにそう思う。オープンから1年になるお店は秘境といっていい場所にあるけれど、いまちょうど移転を計画中で、年内には裏寺町のSOURがあるビルに入るというからこれから忙しくなるに違いない。
またバスにのって出町柳駅へ。京阪で帰宅し、彼女の友達と合流。スジェビをつくって酒を飲んで寝る。

大阪からレコードを背負って京都へ。いつものレコード屋で売却。買取金額は合計1万円。Eric Von Schmidt / Who Knocked The Brains Out Of The Sky が安くで買えた。母親との待ち合わせ場所に向かうためにバスにのったら、偶然同じバスにのっていて笑った。夕食は鳳飛へ。お店はリニューアルされていて、あの赤いカウンターテーブルの色は変わってしまったけれど、外観は相変わらず閉鎖的で何屋かわからない感じがよい。久しぶりに食べた辛子鳥はやっぱりからくておいしかった。このあたりは観光地でもないしホテルもないので、客層の地元感が強い。食後にもう一軒いこうかと探したが、特にこれと言ったものがなく、歩き続けてバール カフェジーニョまでたどり着いてしまった。ずっと気にはなっていたが、入ったのは初めてだと思う。この日はミュージシャンがリハーサルの様な演奏をしていていい雰囲気。マスターに古い京都の写真などみせてもらう。店内には80年代のブラジルのカセットテープもいろいろ。レコードもあるのだろうか。いろいろ気になるお店。今晩は実家泊。

マッスルボディコンテスト出場のために、身体を作りこんで追い込んで細マッチョになっていた大学生のジムのトレーナーは、もうすっかり出会った頃の普通体型にもどっていた。15kg太ったというが、これはただのリバウンドではなく、次は細マッチョではなくマッチョを目指すための段階的変化なのだろう。今は学園祭のお笑いライブに向けて力を入れているといい、ぜひ見に来てくれ!というのでぜひ見に行こう。関西大学の学園祭は11月1日(金)~4日(月)。深夜から大雨と雷。