日曜日は甲子園で野球観戦。タイガース・ファイターズの試合は、点をとって取られて同点のまま迎えた最終回にサヨナラヒットでタイガースの勝利。もりあがった。夜は鶴橋で焼き肉+飲み放題。電車で帰ろうとしたが、歩いて帰ることになり、コンビニで買った酒を飲みながら歩いて帰宅。

土曜日は初めてみる岡村靖幸のライブ 大阪国際会議場へ。圧倒的な熱量をもって臨んだ友達とくらべ、わたしはほぼ白紙の状態だったので初めて知ることが多かった。岡村ちゃんはコートを着て激しく踊り歌う。でも暑そうな素振りは全く見せない。ステージ上でのMCはなし。代わりにバンドメンバーが司会をする。そのせいかしゃべることを禁止されているアイドルのよう。インスタでも岡村ちゃんはいつも同じ表情で笑顔や歯を見せることはない。会場を出たあとは本町のましかで4人で飲む。さらにコンビニで買った酒を公園で飲み、歩いて帰宅。

朝から警報がでるほどの強い雨。年に数回の長靴が活躍する日だったと思う。わたしはいつものスニーカーで靴下までずぶ濡れ。しばらく探していたポータブルレコード・カセットプレイヤー(GP-22)の動作品をやっと落札できた。

10代のインスタライブに参加して両親もしらないであろう子供の表情をのぞき見た。

工事の事故で壊れたHDDについてのやりとりが面倒なことになりそうでうんざりしていたが、今日収束にむかった。弁償金は上限の15000円。大した保証金額ではないかわりにチェックなし。振込日はまだ未定。それにしてもグローバルコミュニティという管理会社は最低である。責任逃ればかりで他人事。謝罪の言葉もなし。

意外とみな定期的に歯科医に通っているようで驚く。10年近く放置していたなんて言えない。芍薬が枯れ始める。

40歳の誕生日は堺筋本町のイタリアンSPELLOで食事。フォカッチャからフォアグラまでおいしかった。ごちそうさまですありがとう。令和の時代と共に始まる私の40代。

昼からシネ・ヌーヴォへ。芦川いづみ映画祭「真白き富士の嶺」。吉永小百合のお姉さん役。療養中のおませな少女、梓が”おニュー”という言葉を頻繁に使うのが印象に残る1963年の映画。帰りはP&Bによってまたパンを買い込む。2時すぎにもかかわらずもう残っているものは少なくて、「売り切れが多くてすんませんねえ」という店主と、「さすがですねえ」という私のやりとりが定番になっている。

午後休みをとって、花束を買い、電車で京都の妹宅へ。子供二人と母、母の母で食事など。ひさしぶりに家族となんでもない時間をすごし話していたが、ふとあまりにもわけのわからない言葉で話していることに気づきはっとする。話は完結せず曖昧に消え去り、形になることがない。家族の会話というのはどこもそんなものか。話を聞いていないということではない。この非言語コミュニケーション。2歳児をぐるぐる回して遊んでいたら自分の頭が回ってしまい、ちょっとぐったり。サプライズで少し早い誕生ケーキで祝ってもらう。夕食は妹の料理。なかなか上手である。バスで四条まで移動。ino hidefumiのライブ(磔磔)は録音作品とはまた違うアイデアに富んだアレンジ、演奏もいいなあ。通販では入手困難だった鍵盤を模したジャズ羊羹 inohidefumi editionもあっさり購入。

ひたすらInstagram用の画像をつくりまくる。スタッフの私物を結集させたスタイリング。花は近所のお店で。夕食は担々麺に近いもの。