シネ・ヌーヴォでやっている「京マチ子映画祭」で黒蜥蜴を観て思い出した菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのこと。来週ビルボード大阪でライブがあることは知っていたので2ndステージの予約をいれた。”結成15周年を迎える菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールによる2年ぶりのツアー『菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール ツアー2019 “罪深き楽団の遠征”』。

「京マチ子の夜」はたぶん演奏するだろう。前に見たのは8年くらい前の京都まで遡るけど、パーカッションの大儀見元とピアノの林 正樹は2年前に水戸の自由が丘スタジオで観たのだった。

新元号「令和」

年末年始の韓国旅行で途切れた日記を再開しよう。記録していなかった3ヶ月の間のめぼしい出来事は、1月が名古屋旅行、2月は妹の二人目の息子と会い、吉田省念の7インチレコードのデザイン作成、3月は2年ぶりの水戸と東京と今年2度目の韓国daeguにもいった。彼女の地元で大韓ロックを象徴するshin junghyunの美人が入ったアルバムを購入。依頼されていた65枚のレコードを売却。平日はひたすらジムに通いコアトレーニング(有料)とVボディ(お試し)までこなし数値にも影響が表れ始める。理想の身体までもう一歩。弁当作りは中止し自宅に帰宅してから作るようになった。最近気に入っているのはバナナのフランベ 黒砂糖のキャラメルソースをからめてアイス添えたもの。2019年4月1日は新元号発表「令和」。

世紀末ウィーンのグラフィック@京都近代美術館

世紀末ウィーンのグラフィック@京都近代美術館みてきて買った図録と蓮根。コレクション展ではじめて知った京都の建築家 上野伊三郎(実家の近所にインターナショナルデザイン研究所創立してた!)、はじめて名前をしった水木伸一の中国の景色を描いた水彩画もよかった。こういう美術関連のまとまった話はなかなかネットではみないし、美術館からの情報は独自のものが多くて濃いなー。濃いわ〜

ボヘミアン・ラプソディをDOLBY ATMOSで観てきた

大ヒット映画、ボヘミアン・ラプソディをDOLBY ATMOSで観てきた。QUEENってそんな積極的に聴いたことはなかったので初めて知ることも多く、クイーンの有名曲はフレディの曲ばかりではなかったり、フレディは過去に女性と結婚していた、ロン毛だった、猫が好きだった、俺はクイーンのリーダーではないリードボーカルだ!とか記者に言ってみせたりするのは驚きがあった。

QUEENを最初に知ったのはフレディーがエイズで亡くなってからのこと。10代だった自分が最初に聞いたのは、NOW 1(!)の1曲目である伝説のチャンピオンではなかったか。we are the champions my friend。またCM曲としてI was born to love you も自然と耳にはいってきた。当時は大味でむさ苦しいものに思われあまりかっこいいという印象ではなかったしwe will rock you なんかは高校の授業中に足踏みをする奴らがうっとおしくて心底軽蔑しており、ダサいやつが聞いている音楽はダサい。つまりQUEENはダサい。とティーネージャー特有の潔癖さで断罪していた。

そんなちょっと距離をおきたい存在だったQUEENが再接近してきたのは書籍モンドミュージックで紹介されてたJAZZだった。という人は自分のまわりにはまあまあいるだろう(いるだろう!)。ムスターファの衝撃はいまだ色褪せず、京都のartrock(三条花見小路にあったころ)で200円で買ったJAZZはまだ手元にある。QUEENすごい。レディオガガはこないだ買いました。

6年ぶりに買い替えたiMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

去年末の100億円あげちゃうキャンペーン「paypay20%バック」のポイントがはいってきたのでいま電子マネーなら5万円分!ある。ポイント還元対象の上限である25万円分まで買った私は後年2018年を決済アプリ元年として振り返るだろう。買い物の内訳のほとんどは27inchのiMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)。いまは家で仕事をしているわけではないので、RAWデータをストレスなく現像できる大きなディスプレイでしかない贅沢品なのだがやっぱり手元に制作環境は欲しくて。
以前つかっていたのは、わざわざ光学ドライブのついている旧モデルをオークションで落札した27inch Mid 2011(あのときすでに最新モデルのiMacには光学ドライブがなくなっていた)だったが、数年もたてばストリーミングサービス全盛の世の中となり、映像も音楽も納品データもディスクの存在はもはや過去のものとなった。Netflix、Amazon PRIME、Spotify、dマガジン、radiko.jp プレミアムと契約し、音楽、映画、雑誌、ラジオの新譜から旧譜までもうなんでもそこにある。我々はたった数百円で世界を手に入れた。そして世界を手に入れた私は退屈している。こんな体験も2018年のことだった。

今日から韓国へ。来年2日に帰国。

年内最後の出勤日。特に大掃除をすることさえなく、普通にすごす。そして年内最後のジムも終える。施設が空いていたのはもうすでにみな帰省しているのか、忘年会で忙しいのか。夕食はふたたび羽州府で。はじめて食べた豚キムチの酸味が予想以上に強く、あまりにも個性的なので自家製なのかたずねてみたが、「いやスーパースーパー」との答え。帰宅後、旅行の準備と”新春!南吠える!! 「ぼちぼちきたよ♪ありやまな2019」有山じゅんじ、上田正樹、木村充揮、リクオ、Yoshie.N”のチケットの決済を済ませる。

夕食は羽州府へ。酒は飲まずに夜定食。帰宅後、amazon videoでホン・サンス「次の朝は他人」を観る。年末年始の韓国旅行ではこのロケ地である北村(プッチョン)を訪れる予定。

久しぶりにサイトのラフ制作など。ほぼ定時退勤。寒くなってきたのでサウナがありがたい。まん福ベーカリーでははじめてカンパーニューを買った。珍しがっていたら水曜日だけの提供と教えてもらった。パンはスライスできない焼きたてだったのでまるごと一個持ち帰る。夕食はミートスパゲティ。ヤフオクで買った”greg brown/One Night…Live at The Coffeehouse”のレコードが届く。

クリスマスもジムでトレーニング。きょうは少し寒かったのでサウナにはいっても身体が暖まるまでがほんのすこし長め。夕食は王将で餃子3人前とビール。焼き手がいまいちで油が多めであったが、王将はきょうも人気。安いしボリュームもあるしメニューも豊富で外さない味なのだし。ただ、ファミレス的な内装の中、ヘッドフォンをしたまま餌のように食べる薄気味悪い人間などの雰囲気が気にならなければ。気になる人はだめだ。わたしは目障りでイライラしてしまうタイプであるし、王将はテイクアウトしかしないと言っていた友人の言葉を思い出し頷く。ファミリーマートでふるさと納税の返礼品を引き取り、LINE Payのチャージをすませる。帰宅後、はがきの印刷データを送付して粕汁をつくってミートソースを作って就寝。