市場にでかけるのは食後よりも食前のほうがいいと気づいた代休の平日。満腹感にみたされていては、食材を見つめる目に熱がない。今日の買い物は穴子とヨコワ(クロマグロの幼魚)、淡竹、ヤングコーン。フェンネルは今がシーズンなのかどんどん値段が下がり400円から100円になっていた。食後、メルカリで2点購入。なにか出品するつもりでリサーチしていたのに。

自宅でワインを飲みすぎてすぐに寝てしまう。夕食はパンで終わり。山田稔「あ・ぷろぽ―それはさておき」読了。

代休の平日。P&Bでパンを買い、ハンキーパンキーでレコードを買い、ダンケでコーヒーを飲んだ。久しぶりのこの感じ。昼からは雨。
15時からは部屋のインターネット回線工事の立会。おもったより長引いたので雑談をしつつ作業を見守る。接続できなかった原因は、あるべき回線が別の部屋に繋がっていたという落ち。いつもながら想像以上ですグローバルコミュニティ。いつもどおり管理会社の担当者XXXの悪口で盛り上がる。

焼き餃子と餃子鍋、最後はラーメンで。紹興酒で酔すぎて早寝。

日曜の休日出勤。仕事はあまりはかどらず。退勤後、ワインとパンを買い、中之島公園で飲む。4時間飲み続けた。social distancing wine drinking。熱くもなく寒くもなく。野外で過ごすのにいい季節。

夕食は冷蔵庫の生の魚を一気に調理。コチュジャンのソースを和えた焼き穴子と、焼いた太刀魚にフェンネルのソースをかけたもの、帆立貝のバター焼き。副菜は昨日の残り。従業員にコロナウィルスの罹患者としか思えない症状発生。自宅待機4日目。こんな状況において度重なる出張にいかせた会社の責任は重い。「医療従事者の皆様に感謝しますのメッセージ」に反吐が出る。早く逃げろ!

昼食は海鮮をフェンネルソースで和えたスパゲティ。貝柱が効いている。きのうのミルクイの肝も。夕食は鯖の煮つけ、だし巻き、金時草の辛子味噌和え。夜はEISAKU OTAのzoomでのストレッチレッスンを1時間と電話。けっこう激しくやったので明日は筋肉痛になるだろう。トレーニングの最中、向かいのホテルの窓からこちらを不思議そうに見ている従業員が見えた。さぞかし奇妙だったろう。明日からの週末も休日出勤。

平日の代休。昼からひさしぶりに営業を再開したディスクユニオンへ。入り口の注意書きには「マスク必須、30分の滞在時間制限」という物々しい看板がある。商品はガラッと変わっていていいものがある気もしたが、今はまだたくさんの人がふれたレコードを触る気になれず気持ちがのらない。何も買わずに退店し市場へ。今回の一番の目玉は大きなミル貝。高級食材といえる1300円。その他にはタチウオ、貝柱、そして韓国産の穴子。意外と韓国産の魚介類というのも流通している。休みとはいえ、買い出しにいって料理をしていると特にのんびりする時間もないまま一日が終わる。

市場で買ってきた穴子は身がつるつるしていてぬめりはなく、手にとったときの触感はキュッとした感触がある。この意外な印象は下処理した魚屋の丁寧な仕事の賜物か。代金の受け渡しの際、店主は「天ぷら?」と聞いた。いや煮付けです。「そらよろしいな」。というやり取りを思い返す。一匹220円。穴子は6月が旬というのでまた食べたい。韓国で食べた焼き穴子もおいしかった。

振替休日の平日、朝から市場へ。一匹まるごとの鯵、ひらめの切り身、たらの切り身、アーティーチョークなどがならではの買い物。鯵の三枚おろしは今の自分のレベルにしてはうまくできて満足。味もよし。捌き方の基本はわかった。アーティーチョークは皮を剥いて蕾をほじってしていたら、食べるところがほとんどない。元の姿形の印象だけが残るアーティーチョーク。なかなか手の内にいれることができないが、調べるとチョウセンアザミ(朝鮮薊)という和名もあった。

夜は吉田省念、石川耕平、久村洋平の3者zoom会議の後、ここ最近進めていたウェブサイトの公開。“photo”吉田省念 黄金の館 京都拾得 2014-2020