0101駅のソバ

水戸駅北口すぐにある0101閉店のニュースを知った。最近は南口のエクセルに客を奪われてきびしそうであった0101だが、記事には46歳男性による「昔はよくデートしたり、プレゼントを買ったりしていたのでさみしい」…という言葉が添えられており、かつての繁栄を想像させる。この写真の豪華メンバーによるレコードもきっとそういう時代のもの。全国のマルイを全8番で紹介していく販促用非売品。もちろん水戸も歌詞に含まれる。

0101駅のソバ
作詞:石丸淳一
作曲:小林亜星
唄:小坂忠 シンガーズ・スリー
イラスト:和田誠

新聞 タバコ 駅の売店
マルイはみんな駅のソバ
電話はみんなマルイマルイ
柏 土浦 水戸 宇都宮
どうぞよろしく駅のソバ

水戸には1年4ヶ月住んだだけではあるけれど、この7番の地名には懐かしさを覚える。このレコードは水戸のレコードコレクターというかバーのマスターとトレードしたもの。今日は久しぶりに聴いてみた。

朝から一日中、雨。定時退勤し、夕食は担々麺とカレーピラフ。ヤフーオークションで憂歌団のパチンコ(7インチ)を狙ってみたが、600縁からどんどん高騰し3000円を超えたのでももうあきらめた。レコードはまだまだ安いし、このあいだ買った「夢・憂歌」もよかったし、いまのうちに買い集めておこうかな。2018年12月18日(火)は「木村充揮・奇妙礼太郎・吉田省念 弾き語りスリーマン・ライブ」 大阪:新歌舞伎座に行く予定。

たまたま会社のアカウントでfacebookをみていたらながれてきた丸井水戸店閉店のニュース。

丸井水戸店
閉店のご挨拶
49年間のご愛顧、ありがとうございました。
2018年9月17日(月・祝)を持ちまして
閉店とさせていただきました。
長年のひとかたならぬご愛顧に重ねて御礼申し上げます。

丸井水戸店はかつて通勤の最寄り駅であった水戸駅の北側にあったので毎日目にしていたけれど、南側にできたエクセルのほうに人気を奪われかなり苦しそうなのは一目瞭然で、買い物はおろか立ち入ることさえほとんどなかった。半世紀も歴史のある店舗だったことに驚く。いまでは1階はゲームセンターのような若年層向けのフロアになっており、記事に添えられていた46歳の男性が見ていた風景「昔はよくデートしたり、プレゼントを買ったりしていたのでさみしい」…とは違う印象がある。かつての繁栄はどこまで遡れば見えるのか。それはこの販促品の7インチレコード(非売品)が配られていたころだろうか。


0101駅のソバ 作詞:石丸淳一 作曲:小林亜星 唄:小坂忠 シンガーズ・スリー。イラストは和田誠。

新聞 タバコ 駅の売店 マルイはみんな駅のソバ 電話はみんなマルイマルイ 柏 土浦 水戸 宇都宮 どうぞよろしく駅のソバ

水戸には1年4ヶ月住んだだけではあるが、この7番の歌詞には懐かしさを覚える。このレコードは水戸のレコードコレクターというかバーのマスターとトレードしたもの。今日は久しぶりに聴いてみた。

ジャマイカのレコードはリイシューでも中古盤みたいな風格があるけど、中国産の製品もそういうの多い。どうみても新品にみえない。昼休みは久しぶりにパリアッシュで買い込む。amazonからPaul Simonの新譜In the Blue Lightが届く。

三連休最終日の月曜。昼からテアトル梅田で、寝ても覚めても(原作 柴崎友香 × 監督 濱口竜介 × 主演 東出昌大)。亮平はどんなひどい裏切りにあっても、結局は雨に濡れた朝子にタオルなげてしまう。あくまで言葉で対話をこころみる物語。もうお前を信じる力が残ってないから。と、だけ言う。亮平の朝子に対する何もかもをぐっとこらえて飲み干した表情、東出昌大のあの困惑した顔は魅力であった。映画を思い返しながら、あとになって際立ってきたのは言葉が話せなくなった古い友人に対する母のセリフ。「返事はできないけど、聞こえてるから何かしゃべってやって」。
小雨が降る中、商店街で韓国冷麺と焼き肉を食べてべろべろになりながらスーパーに寄って帰宅。「ハリー・ニルソンの肖像 | アリン・シップトン, 奥田祐士」を半分ぐらいまで読み進める。

三連休二日目の日曜日。昼から買い取り用の荷物を抱えて京都へ。気候は秋、日差しは夏。100000tでの買取価格は5000円。庄野潤三の本と7inchを一枚買う。workshopではPaul McCartneyの新譜いいですねとか雑談。JR二条まで地下鉄で移動したあと出口春菜-銅版画 二人展へ。三条商店街では秋刀魚の刺身などたべてのんでできあがる。夜は急遽いくことにした吉田屋ナイト ~吉田屋18周年&クロージングパーティー~(京都メトロ)へ。豪華な出演者。

大友良英 山本精一 勝井祐二 Sachiko M 細馬宏通 bikke MAMIUMU 大宮エリー 菊池成孔

チケットは破格の2500円。ひさしぶりに観た菊地成孔もかっこよくてうれしい。終電の急行で帰宅。

三連休初日の土曜日。昼から外出してシネ・リーブル梅田で話題の「カメラを止めるな!」を観る。公開からしばらくたっているので、上映ぎりぎりにいっても席はあるだろうとおもっていたが、案内されたのは最後の席でまだまだすごい人気。客層はいつものシネ・リーブルというよりTOHOシネマズのような雰囲気である。映画は絶賛の前評判を多く目にしていたのでいくぶん構えてみていた前半からの展開にはまんまとやられてしまい大いに笑った。そして映画への情熱にも打たれる。こんな低予算のインディー映画が他を押しのけ大ヒットというのが痛快。

歩いて中津まで移動。アボカド屋でアボカドとポテトチップスとアボカドジュースを購入。sajiでジャムを買ったあと、ふらっとはいった焼肉屋さんちゃんやでディープすぎる話でもりあがったあと、ディスクユニオンで散財。

インテックス大阪の展示会はかなり地味で仕事上は収穫なかったが、個人的にはおもしろい話もすこし。宝酒造の方による紹興酒の解説(5年ものの紹興酒という表記は50%がそうであれば認められる。100%が5年ものの場合は純五年という表記になる)だとか、インドネシアの産後の体型維持につかう麻の帯のこととか。職場ではポップコーンの試作品を食べたりPOPをつくったり。こんかいはアメコミ風にしてみた。20時すぎ退社。空は雨が降ったり止んだり。夕食は一旦帰宅してから近所の姿州府へ。ここはきさくできらくでほんとに美味しいありがたい店。初めて頼んだラーメンもまたその場で手打ちしてつくってくれるのだった。

深夜発表のあったAppleの新iPhone XS,XS MAX。職場でプレゼン映像や記事を読む。それから料理人のSNSサイトで”「どこにあるか」ではなく「誰が何を作るのか」で勝負したい リストランテナカモト 仲本章宏“の記事を読む。イタリアの一流レストランの下働きからパスタを作りを任されるようになり、ミシュランの三ツ星に返り咲いたときのことなどなんだか感動的である。

店で出すパスタは、全て僕が作ったものです。もちろんミシュランの調査員が食べたのも、僕のパスタですから、偉大なチームの一員として喜びを分かち合えたことは、自信にもつながりました。

しっかり読ませる長文でなんだか感動。このサイトの記事はよく編集されていて文章構成や写真の質が高い。
今日も看板やら一発ギャグのようなバナーやらつくって21時退勤。

朝から雨。外に出るとかなり涼しくてアロハシャツと短パンという格好は間違えた。昼休みには数年ぶりに通帳記入。それからぼちぼち存在が目立ち始めている決済アプリのうちのひとつorigami payをつかってみた。

本日より、ローソンにてOrigami Payをご利用いただけます。ローソンで「毎日、コーヒー無料。」キャンペーンを開催中です。ぜひお立ち寄りください。

アプリに決済情報を登録してさっそく試してみたところ、レジのスキャナがiPad mini4のバーコードを読み取れずおろおろしているうちにレジの列ができて焦る。読み取りはiPhoneに対応すればiPadでも対応というわけではなさそう。今回は結局手打ちで対応してもらって無料コーヒー入手。平日の昼のいちばん忙しい時間に恐縮です。レジのPOPをみているとDポイントなど他の決済アプリもユーザー獲得のためにそれぞれ特典をつけているよう。夕食はリュウジレシピのアボカドクリームスパゲティ。