会社に行ったり自宅で作業をしたり。時間におわれて忙しい。退勤後は韓国語の授業に出た後、繁華街で食事。結婚後、夫婦で行動することが多くなって、すっかりなくなってしまった一人で外食も再開しはじめている。今回は人気の寿司屋に行ってみたところ、周りは連ればかりで、アウェイ感すごくあっていい。お店の雰囲気はコロナ以前人類という感じで大賑わい。この所在ない感じがいい!

昼からぷらら天満へ。初めてみた亀の手を購入。知らない人が見たらほんとうに亀の手にみえるだろう。帰宅して長時間料理。カレー、ミートソースを10人前。それから1パック100円の腐りかけたいちごを4パックつかってジャムをつくる。小さいいちごだったのでヘタむきにかなりの労力を費やしたが十分な量のいちごジャムができた。クルスのパンと食べるのが楽しみ。

夕方、京阪シティーモールのユニクロへ裾上げの依頼とライフへ買い出し。

メルカリで買ったジルサンダーのジャケットはサイズもぴったりでとても満足。5500円は安いぜ。

朝から京都の美容室へ。コロナになったよ〜とか近況報告しながらカットしてもらう。クルスで予約していたパンと惣菜パンを買い、ワインを飲みながら昼食。ほろよいでレコード屋めぐり100000t、workshop、artrock.no1.のあと、ペルガグで長話して京阪で帰阪。

デニムのリペアに出していたものの内、すぐに仕上がった分を取りに行く。ステッチ追加だけの簡単な処理とはいえ、たった400円でやってもらえるのはとてもありがたい。夕食は近所の中国料理 食生々へ。外観からしておちついたトーンだったので予想はしていたが、上品な味付けで次の日おなかを壊すような辛さはない。器もそれに似合ったもの。この日の調理場は店主1人。ホールスタッフを含めても3名体制だったので満席の客に対応するにはかなり忙しそうだった。それでも客の食べる様子を伺いながら、タイミングをコントロールしているところにレベルの高さが伺える。元姿州府だったところはまたまた名店です。

100000tに売却した友部正人のレコードを買った人が、うれしそうにTweetしているのが目についたのでつい引用RTで反応。すごく欲しがっていた人のところにいけてよかった。こんな購入報告を目撃するのは3度目。

退勤後、傷んだジーンズのリペアを依頼しに新町のpatinaに出かける。ほつれて広がってしまったボタンホールの修理、ボタンフライからジップフライへの交換、膝の破れ、裾上げ(チェーンステッチ)などの内容で合計12,000円。見積もりのための説明も手厚く不安はなかったので先払いしてしまう。ただし依頼殺到で仕上がりは3ヶ月後という。工房の中は修理待ちのジーンズで山盛りになっていた。

昼食は비빔밥(ピビンバ)。夕食は玉子丼。メルカリで売れた商品の発送。

やすかったので買った防風(ぼうふう)。パッケージは小分けにして束になっていて大変丁寧に売られていたのでふだんは高級食材なのかもしれない。ベーコンエッグと一緒に添えて食べたところ独特の苦味はかいわれ大根にも少し似ているがそれよりかなり長く舌に残る。茎の色と小さい葉のギザギザも魅力のセリ科の香草。

寝る前にメルカリで洋服を買う。ジャケットとTシャツあわせて7,000円。
だんだん視力が弱ってきたのでiPhoneの文字サイズを最大の一つ手前に変更した。老いの肯定。

夜は2週間ぶりの韓国語の授業。先生が言う単語を韓国語の新聞の中から探しだすというのが今の語学レベルに合っていた。帰りはじねんで寿司を食べたかったがまたまた行列。あきらめて近所の中華ですます。初めて入店したが気楽な感じのお店で、ちょい呑みセット1,100円に餃子を追加して1,300円。期待を超える味というものではないが、外食からはいろいろと学ぶものもある。特に中華料理店での炒めものは時間がたっても水っぽくならず料理の技術を感じる。野菜の切り方も同じサイズに整えられていてさすがです。広めの店内に客は3組。

夜の飲食店は客入りの差が激しい。味だけで人気は得られないとはいえ、勝因だって傍目にはわからない。

コロナ保険適応のための書類を記入してもらいにかかりつけ医へ。初めて対面した先生から「お気の毒でしたね。でもこれで8月いっぱいまでは大丈夫」と言われる。信じるなら思ってたよりコロナ無敵期間は長かった。南船場レッドボーンレコードで立ち話をしつつレコード5枚とホットソースを買う。

朝からシネ・ヌーヴォへ。再び特集「田中絹代-女優として、監督として」から2本。ともに満席。

女ばかりの夜(監督: 田中絹代)1961年作品。
出演:原知佐子、北あけみ、浪花千栄子、富永美沙子、千石規子、春川ますみ、淡島千景、沢村貞子、桂小金治、中北千枝子、香川京子。音楽は林光

小言がうるさい雇い主に対して、「モダンジャズだと思ってよ」とフォローする台詞に笑う。

乳房よ永遠なれ(監督: 田中絹代)1955年作品。
出演:月丘夢路、葉山良二、森雅之、杉葉子、大坂志郎、安部徹、木室郁子、川崎弘子、坪内美詠子、織本順吉、飯田蝶子

「女性の性を描いた作品」と紹介されていたのでそのつもりで観ていたが、どちらかというと性ではなく生だった。